Q&A(購入前)

やけどの心配はありませんか?

電熱ウエアは素肌の上への着用や長時間にわたる着用、押し付けるように着用しますと、低温やけどを引き起こす恐れがありますので十分注意が必要です。

雨などで濡れても大丈夫ですか?

濡れた状態での製品試験を行い安全性は確認しておりますが、電熱ウエアの特性上、より安全にお使い頂くため、濡れてしまった場合は電源をオフにしてください。完全乾燥後は通常通りお使い頂けます。

併用可能な製品はどれですか?

詳しくは「ヒーテックシリーズ製品組み合わせ一覧表」をご参照ください。
[PDF]ヒーテックシリーズ製品組み合わせ一覧表 (0.5MB)

タンデム(2人乗り)時にヒーテック製品を2人同時に使用できますか?

タンデム時に2人同時にヒーテック製品はご使用頂けません。オートバイのバッテリーあがりや、ヒーテック製品どうしが重なり合うことで、設定温度以上に発熱してしまう可能性がございます。

ヒーテックとVentureブランドの違いはなんですか?

ヒーテックはアメリカVenture社の電熱ウエアと基本構造を共有しています。日本人の体型やニーズに合わせた独自の商品企画を行うジャパンブランドです。

各温度設定は何℃ですか?

「HI:約54℃」「MID:約44℃」「LOW:約38℃」
※外気温等の使用環境、着用するアウターにより異なります。
※ヒートトゥウォーマーの温度設定はインナーパンツと連動し、HI時は最高で約50℃です。

どのオートバイにも使用できますか?

12Vバッテリーを搭載するオートバイに使用できますが、お使いになるヒーテック製品の消費電流とオートバイの発電能力とのバランスに十分注意が必要です。
詳しくは「ヒーテックシリーズ消費電流一覧表」をご参照ください。
[PDF]ヒーテックシリース消費電流一覧表 (0.3MB)

メタルファイバーヒーター(XCT)とはなんですか?

髪の毛よりも細い繊維を束ねて張り巡らせた発熱繊維です。折れや曲げに強く、従来あった熱線式のものより着心地が大きく向上しています。

インナーパンツの股上が浅いようにみえますが?

2013モデル以降のヒートインナーパンツは股上が浅く(ローライズ)作られています。無理に腰上まで引っ張りあげると生地や縫製、内部パーツ破損などの故障の原因となりますので十分注意が必要です。

ヒーテックと他社製品との組み合わせは可能ですか?

すべてのヒーテック製品において、他社製品と組み合わせて使用する事はできません。それらに起因する不具合については一切の保証が適用されませんのでご注意ください。

ヒートインナージャケットは3モデルありますが、違いは何ですか?

発熱する温度や配置は同じですが、発熱する面積が違います。お使いになるオートバイの発電能力に合わせてお選び頂けます。
※1.0AMPモデルの発熱箇所は両胸/背中の2箇所。
※1.0AMPモデルはグローブと接続できません。

ヒートトゥウォーマーは単体で使用できますか?

単体での使用はできません。必ずヒートインナーパンツと併用してください。

ヒートトゥウォーマーは温度調整できますか?

ヒートトゥウォーマーのみで個別に温度調整はできません。ヒートインナーパンツの温度設定と連動いたします。

グローブは防水ですか?

ヒーテックのグローブは防水ではございません。突然の雨などにより濡れてしまった場合は電源をオフにしてください。完全乾燥後は通常通りお使い頂けます。

ヒートインナーベストの電源はなんですか?

市販の出力5V/2.1A、USB仕様のモバイルバッテリーをお買い求めください。

ヒートインナーベストは他の製品と接続できますか?

ヒートインナーベストは市販のモバイルバッテリーが電源となります。ヒーテックのグローブやパンツと接続はできませんが、併用は可能です。